押し花(ドライフラワー)のUVレジンコーティングの作り方

三枝先生
みなさん、こんにちは
モリオ君
こんにちは
ホヅミさん
先生、こんにちは
モリオ君
先生!!教えてほしいことがあるんだ!!
三枝先生
どんなこと? 
モリオ君
お母さんがアジサイが好きだから、押し花にしたアジサイをUVレジンを塗ってプレゼントしたいんだけど、綺麗にアジサイにレジンを塗れないんだ。
三枝先生
どんな失敗をするの?
モリオ君
全部うまくできないんだ。
ホヅミさん
モリオ君、全部って言われたら、先生も答えようがないよ。
モリオ君
押し花のアジサイをつまようじを使ってUVレジンで塗ろうとしたら、お花がつまようじにくっついてきて、UVレジン液をうまく塗れないんだ。だから、つまようじを2本使って、1本でお花を押さえて、もう1本で、UVレジンを塗ろうとしたんだけど、お花に穴が空いてしまうし、お花からUVレジン液も漏れて、もう嫌になったんだよ。どこが悪かったのか、分からないよ。
三枝先生
モリオ君、分かったよ。じゃ~、今日は押し花のUVレジンのコーティングの仕方を教えるね!
モリオ君
ヤッタ~!先生ありがとう!!
ホヅミさん
私も気になる!モリオ君よかったね。

準備するもの

ミニシリコンモチーフ

パール

固い透明の下敷き

押し花(ドライフラワー)のUVレジンコーティングの前に準備すること

シリコンマットに透明の固い下敷きを引く

三枝先生
さて、作る前の準備ですが、シリコンマットは手元にありますか?
ホヅミさん
先生!シリコンマットは初めて使います。
三枝先生
ああ、そうだね!シリコンマットは名前の通りシリコン素材で出来たマットだよ。このマットの上でUVレジン液がこぼれても硬化させるとぺりっと取れるんだ。だから、下敷き代わりに使うと非常に使い勝手が良いよ。
モリオ君
知らなかった~。
三枝先生
シリコンマットは種類によって厚みに差があるんだ。薄いと手に持った時にへにゃ~と曲がって使いにくいので、シリコンマットと同じくらいの大きさの透明の下敷きを下に敷くとへたりにくく、持ちやすいよ。
ホヅミさん
ほんとだ~。持ちやすくなりました。

POINT

下敷きは固い透明のものを選ぼう!!固くないとUVランプの中に移動するときにシリコンマットがふにゃ~と曲がってしまってシリコンマットの上の作品が落ちたり、UVレジン液が垂れたりする原因になるよ。

透明を選ぶ理由は、裏側から紫外線をあてる時に紫外線を通すため、裏からもライトをあてることが出来、未硬化を防ぐためです。

 

シリコンマットのお掃除

三枝先生
さて、次の準備ですが、 初心者さん必見!失敗しない型を使ったUVレジンの作り方! で型を使う前に型をマスキングテープでペタペタ掃除したのを覚えてるかな。ここではシリコンマットについたレジンのカスやほこりをシリコンマットでペタペタお掃除しよう!
モリオ君
ペタ♪ペタ♪

 

押し花(ドライフラワー)へのUVレジンコーティング

押し花に塗りやすい一工夫

まず、お花より少し大きめにUVレジン液を筆でシリコンマットに薄塗りします。

そして、その上にお花を正面に向くように置きます。

その時、筆先にUVレジン液をつけ、筆をお花につけるとお花を傷つけずにシリコンマットの上まで移動することが出来ます。

お花をマットの上に置いたらその上から押し花にUVレジン液を流して、お花全体に筆で、お花の中心から外側に向かって放射線状になるようにUVレジン液を塗っていきます。この時は花びらからはみ出すくらいUVレジン液を塗っても大丈夫です。

モリオ君
筆にお花がくっついてこないから、いつもよりお花が塗りやすい!!
ホヅミさん
最初のシリコンマットの上にUVレジン液を塗るときにだいぶ押し花からはみ出しちゃったんですけど、大丈夫ですか?
三枝先生
大丈夫だよ。少し時間が経てば、マットがUVレジン液をはじいてお花からはみ出したUVレジン液がお花の周りに寄ってくるから!!

 

 

・・・

 

 

モリオ君
ほんとだ。お花に吸い寄せられてるみたい!!

お花にUVレジン液を綺麗に塗れたら、UVランプで2分硬化しようね。

POINT

シリコンマットの上のUVレジン液がお花とマットの接着剤の役割になり、お花のレジンコーティングが非常にやりやすくなります。何もしないで直にお花にレジンコーテイングをすると筆をお花の上に置くたびにお花が筆にくっつき、コーティングは非常にやりにくいです。

シリコンマットの上のはみ出したUVレジン液は時間が経過するとお花の方に寄ってきますので、シリコンマットに最初に塗るUVレジン液、お花の上からコーティングするUVレジン液どちらも多少はみ出しても大丈夫です。

お花の軸にパールをのせると可愛い

お花の上にもう一度UVレジン液を全体に塗ってください。今回はお花からUVレジン液がはみ出したらダメなのでお花の上に丁寧に塗るようにしてくださいね。

その後、軸の部分にパールを置くとより一層お花が可愛くなります。

ホヅミさん
凄く可愛い!!

UVランプで2分硬化してください。

POINT

お花のUVレジン液の塗り方は、UVレジン液を押し花の中心に流し、中央から外側に筆をはしらせると綺麗に均一にUVレジン液を塗ることが出来ます。筆はお花に極力つけずにUVレジン液の上澄みを移動するように筆を動かしてください。

 

仕上げのコーティング

お花の上にもう一度UVレジン液を塗ってください。パールの上も塗っても大丈夫です。厚みはお好みですが、ある程度厚みがある方がぷっくりして可愛いと思います。一度で思うようなぷっくり感が出せない場合は塗って、硬化させてを繰り返して好きな厚みにしてください。

最終、好みの厚みになったらUVランプに入れて、完全硬化に6分ライトをあててください。

6分硬化させたら、シリコンマットごと裏返して、そのまま2分硬化させてください。裏側からもライトをあてて、硬化不良を防止します。ここまでシリコンマットからお花はまだ剥がしていない状態です。

 

POINT

粘性のあるUVレジン液の方がぷっくりとUVレジン液を盛りやすく、さらっとしたUVレジン液の方がしゃばしゃばなのでぷっくりさせにくいです。

 

裏面コーティング

ランプから取り出し、シリコンマットからお花を剥がしてください。

シリコンマットからお花を剥がす際はお花を剥がそうとしないで、シリコンマットをめくると綺麗に簡単にめくれます。

もし、花びらの周りにバリがあれば、さめないうちにハサミでカットしてください。

裏面も表面同様にUVレジン液を塗り、6分硬化させてください。

 

POINT

裏面にUVレジン液を塗る際は、表につけたパールが邪魔になり、そのままマットに置くとお花が傾いた状態になり、筆で塗ろうとすればがたつき、UVレジン液を花に均一に塗るのが難しいです。そんな時は画像のようなミニシリコンが便利です。ミニシリコンの凹部分にパールが入るように置くと安定し、筆でお花にUVレジンを塗りやすくなります。

バリをハサミでカットするときはハサミの先端ではなく、腹の方でカットするとお花がパキッと割れにくくなります。

 

完成。

 

まとめ

三枝先生
モリオ君、失敗の原因は何かわかったかい?
モリオ君
最初にシリコンマットの上にUVレジン液を塗らなかったのが一番大きいと思う。つまようじでお花をつついて傷つけていたし、シリコンマットの上でやるってことも知らなかったよ。
ホヅミさん
シリコンマットを使うと、お花からはみ出たUVレジン液が時間が経つとお花の方によっていくっていうのもびっくりしたね。色々新しい発見がありました。
三枝先生
押し花のレジンコーティングができると凄くレジン作品作りの幅が広がるよ。UVレジン基礎講座基本のキの4回目ではビオラのお花を両面くっつけて作品を作る回があるけど、ここからお花のコーティングにハマって作家活動を始めたり、よりレジンが好きになった方は多いよ。
モリオ君
色んな押し花のコーティングしたくなるね。
三枝先生
モリオ君、ほんと綺麗に押し花のレジンコーティングできたね。おかあさんきっと喜んでくれると思うよ。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で