お花気分を身につける植物標本額に込めた想い

 

こんにちは。happy resinの三枝 寛(さえぐさ ひろし)です。

今日は、happy resinの レジン雑貨クリエイター さえぐさ なつこに
minne のハンドメイドアワード2018に出品した作品
「お花気分を身につける植物標本額」への想いを聞いていきたいと思います。

「お花気分を身につける植物標本額」の作品紹介ページは、下記URLをご覧ください。

https://minne.com/items/15680166

 

お部屋に飾っても、身につけても愉しめる植物標本額

お花気分を身につける植物標本額ってどんな作品ですか?

 

なつこ先生
12種類の押し花やドライフラワーが閉じこめられたレジンの作品をその日の気分でアクセサリーとして身につけたり、植物標本みたいに額に飾ったりして、2WAYで愉しめる作品です。

 

眺めても、身につけても愉しめる作品ですね

 

なつこ先生
それが最大の特徴ですね。

 

どんな想いで作ったんですか?

 

なつこ先生
minneのアトリエ神戸で作家活動アドバイザーの二木さんとお話している時に、ハンドメイドアワードのお話になって、季節ごとに変えて楽しめる何か…を作って出品してみようと決心して、色々と考えていた時にアンティークの植物標本を見て、これが持ち出せ、身につけることができたらさらに面白さが広がるなと思い、制作しました。

 

人と話すことによって刺激をもらうことってありますよね。

 

 

色合いと動きのあるお花のカタチ

すずらん

こだわったところはどんなところですか?

 

なつこ先生
色合いです。アンティークな感じを出すために、鮮やかではなく枯色のドライフラワーや押し花をピックアップしました。
それから、一つひとつの植物のフォルムが一番素敵に見えるように閉じ込めました。例えばすずらんは、自然界ではちょっと垂れ下がったように生えています。それをドライフラワーにし、お花一つひとつにして、浮いているようにいれたことで普段の見え方とは違う見え方になり、よりすずらんのお花の可愛さが強調されたように思います。

 

なるほど。敢えて、分解して入れた方がよりすずらんを表現できたってことですね。

 

なつこ先生
そうですね。
12種類を一つの額に入れて全体を見た時に全てが植物が生えた状態で封入するよりも植物のそれぞれの良さを生かしたデザインで封入するとまた見え方が違って新鮮だと思います。

 

なつこ先生
例えばオレガノケントビューティーは、自然界では一本に沢山ついていますが、その先端だけを閉じこめることで、芽生えた感じが表現できたと思います。受け取り手によっては、植物に命が宿り、芽生え、芽吹く四月を連想される方もいるかもしれません。作品をご覧になられる方の受け取り方も自由であって良いと思います。むしろそのように作品から何かを感じ、季節を愉しんでいただけたら光栄です。
それがこの作品の醍醐味ではないでしょうか?

 

 

オレガノケントビューティー

12種類は月を表現してるのですか?

 

なつこ先生
私の中では、そういうイメージで制作していますが、受け取り方は本当に様々だと思います。ご覧くださる方にお任せしています。

 

どういうところが月になってるのですか?

 

なつこ先生
例えば、私の中では、ふわふわとした感じが残るネコヤナギは、雪の中のうさぎを連想し冬の季節を感じます。

 

ネコヤナギ

なつこ先生
それから、3月8日がミモザの日であったり、5月1日がスズランの日であったりするので、〇〇の日という決まりに基づくことでそれぞれの植物を通しその月を思い浮かべたりすることもします。
アジアンタムやルナリアは、少し枯色のものを選び封入したことで、そのカラーから秋を連想したり、
レースフラワーは、その白い姿から雪の結晶を連想するので、私の中では12月のイメージです。
どれも実際には、春ごろ咲くお花たちが多いのですが、その姿かたちやカラーイメージなどによって私のように連想して身につけて愉しんで頂けたら嬉しいです。

 

左:ビバーナムティナス、真ん中:アジアンタム、右:ルナリア

 

 

付け替えしやすい金具

他にこだわったところはありますか?

 

なつこ先生
カニカン(金具)です。

 

カニカン?

 

なつこ先生
カニカンは、チャームの先端についている取り外しが簡単にできる金具です。この回転するカニカンをみつけて感動しました。

 

回転するとどんなところがいいのですか?

 

なつこ先生
例えば、金具が縦にも横にも自由自在に回転して取り付け可能になることで、ネックレスのチェーンや革紐にそのままつけた時やバッグチャームとしてつけた時などその向きを気にすることなくどこにつけてもトップが正面を向いてくれます。

 

たしかに固定されていると、片側しか動かないですよね。

 

なつこ先生
くるくる回転してくれるので、好きな向きになってくれます。普段アクセサリーを制作しない人でも、わざわざ工具を使うことなくカニカンフックを手でつまむだけで、正面の向きなどを気にせず、ご自身の好きなところにつけてご使用いただけるのが、とても良いと思いました。

 

 本当ですね。

 

なつこ先生
よくカバンなどについているナスカンはそのようになっていますが、カニカンではあまり見たことがなく、見つけた時はテンションが上がりました。

 

 

透き通るようなレジンの透明感

この透明感は、とても綺麗ですね。

 

なつこ先生
高級樹脂を使用し、何日も何日も手をかけて大切に制作しました。最高に良い素材を使い、丁寧に制作すること、決して妥協しないことで仕上がりが格段と違ってきます。

 

 

ほこりがはいらない

他におすすめポイントはありますか?

 

なつこ先生
ドライフラワーを飾るのが好きで、お部屋にも飾っていますが、しばらくすると埃がどうしても気になってきて、ドライフラワーの状態だと埃を取るときにどうしてもお花がぱらっと散ってしまったりして少し残念な気持ちになります。
それをレジンに閉じ込めることで埃がついてもサッと拭くだけで、簡単に元通りになるところも素敵だなと思います。
さらにガラス窓の付いた額縁に収納できるので、アクセサリーチャームには、埃や傷が付きにくく、オシャレに飾りながら収納できます。

 

 

その日の気分に合わせて身につける

どんなところで愉しんでほしいですか?

 

なつこ先生
ご自分のお部屋がある方でしたら、そこに飾っていただいたり、いちばんくつろぎ、ほっと癒される自分のお気に入りの空間にあればと思います。

 

なつこ先生
私ならリビングですね。

 

どんな時に、使用していただきたいですか?

 

なつこ先生
毎日、出かける時に「今日はどれにしようかな?」って気軽に着けてお出かけして頂けたらと思います。
「今日は、スズランの日だから、スズランをつけていこう」みたいな使い方をして頂いても、おでかけ先で話のネタとなり、そんな話題が繰り広げられたら、とてもステキだなと思います。
今日は、黒いお洋服だから白っぽいお花を胸元につけていこうかなというように、ふだんの暮らしに取り入れて頂けたらと思います。なるべく毎日、手軽につけれるようにシンプルなデザインにしました。

 

その日の服装や気分によって選べるっていいですね!

 

 

植物標本の魅力とは?

 

植物標本の魅力ってどんなところですか?

 

なつこ先生
なんといってもやはり、植物本来のもつ魅力だと思います。

 

植物本来の魅力?植物本来の魅力ってどんなところですか?

 

なつこ先生
自然が織りなす植物のカタチや色、そのものが魅力的なデザインだと思います。

 

植物のそのままを閉じこめるって、素敵ですよね。ところで、枯色って何が魅力的なのですか?

 

なつこ先生
ノスタルジックでどこか懐かしくもあり、そのセピアカラーが素敵だなと思います。
アンティークな植物標本を眺めていて、100年前にこのように植物を採取し、標本にして愉しんでいた方がおられて、それが今もなお残っているということに嬉しくもなります。
私の作った植物標本額がこのように永く愉しんで頂けたら、この上ない喜びです。

 

作品詳細動画

 

作品の詳細がわかる動画を作りました。良かったら下記をご確認ください。

 

View this post on Instagram

 

. ドライフラワーの 植物額が完成しました。 . 目で植物本来の 美しい姿を愉しむのは もちろんのこと、 その日のお花気分や お洋服や鞄に合わせて選び、 お花を身につけ、 おでかけすることもできます。 . 今日はどの子を連れて行く?( ^ω^ ) . #ドライフラワーのある暮らし #植物のある生活 #植物を身につける #レジンで暮らしを彩る #四季を愉しむ #暮らし #インテリア #空間を彩る #resin #epoxyresin #ネコヤナギ #シルバーブルニア #パールアカシア #ミモザ #オレガノケントビューティー #すずらん #ラベンダー #デルフィニウム #ブプレニューム #ブプレニウム #ビバーナムティナス #アジアンタム #ルナリア #レースフラワー

happy resin さえぐさ なつこさん(@happyresin)がシェアした投稿 –

 

まとめ

さえぐさなつこが作る「お花気分を身につける植物標本額」は、植物本来の色合いとフォルムを

植物標本として目で愉しみ、その日の気分に合わせて身につけることができる作品です。

「お花気分を身につける植物標本額」の作品紹介ページはこちらです。

https://minne.com/items/15680166

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で