プロポーズに108本のバラがおすすめな人の特徴と4つの注意点

プロポーズのバラを108本にしようか悩んでいませんか?

手からこぼれそうになるくらい大きな108本のバラの花束をもってプロポーズ。

とても、ロマンティックですね。

この記事を読むと、プロポーズを108本のバラでする時の良い点と気にしないといけない点がわかります。

この記事では

  • プロポーズに108本のバラはどういう人におすすめか
  • プロポーズに108本のバラを渡す4つの注意点
  • どこで購入できるか

をご紹介します。

この記事を読み終えると、自分の理想のプロポーズのバラの本数は108本なのかが分かります

プロポーズに108本のバラがおすすめかどうかは彼女の好みによる

彼女がお花、サプライズを好む女性だったらプロポーズを108本のバラでするのはおすすめです。

  • この上ないインパクトがある
  • あなたと結婚したい!という本気度が伝わる
  • 結婚への気持ちが盛り上がる
  • バラの香りが嗅覚も楽しめる

一生記憶に残るプロポーズになります。

また、お花が好きなら108本のバラを渡した後も飾ったり、ドライフラワーにしたりと楽しんでくれるはずなのでたくさんのお花を渡しても後の扱いに困ることがないです。

彼女が「お花が好き!」 「サプライズが好き!」ならプロポーズに108本のバラはおすすめです。

彼女が花は好き! でも、派手な演出が苦手だったり、あまり目立ちたくない控えめなタイプの場合

彼女がお花は好きだけど、派手な演出が苦手だったり、あまり目立ちたくない控えめなタイプだったらバラの本数を少なくする方が良いかもしれません。

108本のバラはなかなかボリュームがあります。

2人きりのプロポーズかもしれませんが、彼女の自宅以外の場所だと持ち帰ることも考えないといけません。

ボリュームが多すぎる花束は控えた方が良いです。

そんな場合は、108本のバラより、ダズンローズがおすすめです。

ダズンローズとは12本のバラを束ねた花束のことです。

12本それぞれに感謝、希望、尊敬、誠実、愛情、栄光、幸福、情熱、努力、信頼、真実、永遠という意味があります。

プロポーズにバラを渡したい!でも、108本は相手が嫌がるかもしれない!

そんな時はダズンローズがピッタリです。

プロポーズのバラが108本なのはなぜか?その意味は?

プロポーズのバラには本数によってそれぞれに意味が込められています。

108本には” 結婚してください ” というプロポーズにピッタリな意味があります。

また、「 108 = 永遠に(とわ)」と読めるため、プロポーズの定番の本数として認知されています。

108といえば、煩悩の数が思い浮かぶ方もいると思いますが、そうではないです。

108本のバラにはプロポーズにピッタリな素敵な意味があります。

プロポーズに108本のバラを渡す時に注意したい4つの点

108本のバラでプロポーズをしたい!という場合は以下の4つのことに注意したいです。

  1. 108本のバラは想像以上に大きく重たい
  2. プロポーズまできちんと保管
  3. 持ち帰り
  4. プロポーズに108本のバラを渡す際の場所ごとの注意点

1つずつ詳しくお伝えします。

1、108本のバラは想像以上に大きく重たい

108本のバラは想像以上の大きさです。

以下のお写真がイメージがわくと思います。

重さはだいたい2㎏~5㎏の間くらいです。

大ぶりな大輪のバラはサイズも大きくなり、重くなっていきます。

男性もほとんどプロポーズ当日に初めてもつことになると思いますが、108本のバラはかなり大きいと想定しておきましょう。

男性モデルさんの身長は172cm

2、プロポーズまできちんと保管

108本のバラを受け取った後はプロポーズまできちんと保管をする必要があります。

基本的にはバラの花束をまっすぐに立てた状態のまま冷暗所に保管して下さい。

花束を寝かせると花同士の圧力で下側の花が痛みます。

高温下、氷点下、直射日光があたる場所、風があたる場所での保管は避けるようにして下さい。

特に夏場は高温で花が萎れやすいので、花の保管場所の温度には十分注意が必要です。

なるべくプロポーズの直前に受け取れば保管時間は短くて済む

フラワーショップでバラを注文し受け取る場合は、彼女に会う直前にお花を受け取るのがキレイな状態で渡すことができます。

ネットショップでの注文など配送業者からお花を届けてもらう場合は最寄りの配達店を指定し受け取るのがおすすめです。

配送業者が分からない場合は、事前にお店に確認しましょう。
配達店は配送業者のホームページで調べることができます。

プロポーズの時間帯は当日受取、当日渡しができる夜がおすすめ

プロポーズのバラを当日に受け取って、当日に渡すことを考えるとプロポーズの時間帯は夜が一番おすすめです。

午前中に受け取り、夜にプロポーズをすることができるので、お花がキレイな状態でプロポーズができます。

午前中やお昼にプロポーズをする場合は前日からお花を受け取る必要があります。

一晩バラを保管するのが不安な方はプロポーズの時間帯を夜にするのが良いです。

3、持ち帰り

プロポーズが成功した!

ホッと一息ですが、大きな108本のバラを持って帰ることも考えておいた方が良いです。

車の場合は問題ないですが、徒歩や電車、バスの場合は、両手に108本のバラを持っているととても目立ちます。

車以外の場合はタクシーを利用するのが一番無難です。

4、プロポーズに108本のバラを渡す際の場所ごとの注意点

人気のプロポーズの場所ごとの注意点をお伝えします。

レストラン、ホテル、結婚式場、教会

レストラン、ホテル、結婚式場、教会でプロポーズをする場合は会場への事前確認が必要です。

  1. 会場に108本のバラの花束の受け取り、保管が可能か
  2. スタッフさんとどのタイミングで花束を持ってきてもらうかを打ち合わせ

希望の会場でプロポーズプランがあったり、プロポーズ専門のプランナーがいるところもあります。

「会場名 プロポーズ」で検索してみて下さい。

海の見える場所、公園(屋外)

108本のバラを見つからないように隠しておくところは車のトランクしかないです。

車を停めたところでプロポーズは可能ですが、車から離れ、サプライズでプロポーズをするのはなかなかハードルが高いです。

また、トランクに長時間バラを置いていくのはバラが傷んでしまうので避けた方が良いです。

自宅でのプロポーズ

なにげない日常での自宅プロポーズは自分で準備がしやすいというメリットがあります。

108本のプロポーズのバラの花束を隠しておくスペースも自宅ならなんとかしやすいです。

プロポーズ用の108本のバラの購入方法は2つ

  1. フラワーショップ
  2. ネットショップ

このどちらかで購入することができます。

それぞれの特徴をお伝えします。

フラワーショップ

お店のスタッフさんに色々と直接相談できるというのがフラワーショップで購入する最大の特徴です。

「プロポーズ用に108本のバラの花束が欲しいです!」と伝えるとプロが良い感じに花束をつくってくれます。

  • バラとカスミソウで花束を作りたい!
  • バラの種類にこだわりたい!
  • 予算内で花束をつくりたい!
  • 保管方法を詳しく知りたい!

など、要望を叶え、不安点をその場で解消できます。

こだわりの108本のバラの花束を作りたい!という場合はフラワーショップで依頼するのが良いです。

ネットショップ

完成のかたちをイメージしやすく、色々なショップを比較、検討できるのがネットショップで購入する最大の特徴です。

プロポーズ用の108本のバラの花束、包装、メッセージカードなど、購入するのに必要な情報のすべてがページ上に表現されています。

検索ワードを変えるだけで理想に近いものがみつかりやすいです。

色々なネットショップを比較しながらじっくり考えたい!という場合はネットショップで注文するのが良いです。

プロポーズ用の108本のバラは1週間前までに予約する

フラワーショップ、ネットショップどちらで注文するにも1週間前くらい前に予約するのが確実です。

フラワーショップやネットショップは注文からバラを準備します。

フラワーショップに108本のバラを当日すぐに準備できるお店はほとんどないです。

こだわりを叶える場合はそれだけ日数がかかるので、なるべく前もって計画しましょう!

プロポーズは残すところまで

バラは渡して終わりではなく、その後のことまで考えましょう。

バラは108本あります。

そのまま飾るのもよいですが、せっかくなら思い出を残すことも考えたいです。

プロポーズのバラは渡す時が最も綺麗な状態。

そこから傷んでいく一方です。

彼女が「 想い出を残したい! 」と思っても突然もらうものなので、考える時間がありません。

プロポーズが成功した後、男性から「二人の思い出を残さない?」と提案するのが一番スマートです。

彼女にはプロポーズだけじゃなく、残すことまで考えてくれている器が広く、計画性のある男性にうつるはずです。

プロポーズにバラを渡す場合は、記念に残すところまで考えましょう!

まとめ

彼女がお花やサプライズ好きなら108本のバラでのプロポーズはおすすめです!

インパクトがあり、結婚への本気度が伝わります。

バラの花束をどうやって渡すかだけじゃなく、渡したあとに大切な想い出として残すことも考え、ぜひ、提案してみて下さい。

あなたのプロポーズが成功することを願っています!