レジンにイニシャルなどの文字や数字を入れる4つの方法!

三枝先生

こんにちは、森のレジン学校の三枝です。

今日は、レジンに文字や数字を入れる方法をお伝えします。

レジンにイニシャルなどの文字や数字を入れたいけど、どうしたら良いか分からないです!というお問い合わせを頂いたのでこちらでお答えします。

この記事を読むと、レジンに文字や数字を入れる方法が分かり、何を使えば良いかも分かります

妻がレジンを始めて10年、夫婦でレジン専門店 を起業して5年。色々なレジン作品を作ってきた経験からレジンに文字や数字をどうやって入れるかをお伝えしていきます。

レジンにイニシャルなどの文字を入れる4つの方法!

  1. シールを貼る
  2. ペンで書く
  3. ライナーで描く
  4. 箔を貼る

簡単に扱えるものから順番に4つ上げました。

順番に解説していきます。

1.レジンに文字や数字のシールを貼る

レジン用シール アルファベット 筆記体
レジン用シール ルーン文字

文字や数字のシールをレジンに貼る方法です。

イメージにあうシールを見つけることさえ出来れば、後は貼るだけなので、一番簡単で確実な方法です。

注意点は

  • シールを貼る場合、曲面部分はどうしても貼りにくい
  • シールによっては、レジンに貼ったシールの縁がくっきり見える

シールを貼った後は、シールがとれないようにレジンでコーティングすると良いです。

レジン用シール アルファベット筆記体 ゴールド

レジン用シール ルーン文字

レジン用シール ローマ数字ゴールド

レジン用シール ローマ数字シルバー

パジコ レジン用転写シール アルファベット大 転写棒付き

パジコ レジン用転写シール アルファベット筆記体 転写棒付き

2.レジンにペンで文字や数字を書く

ゴールドとブラック
ゴールド、シルバー、ブラック

レジンに直接ペンで書きます。

誰でも使い慣れたペンで書くというのは、出来上がりの結果が予想しやすい方法です。

発色が良くないペンだと、レジンに書いても見えにくいです。

本番の作品に書く前に

  1. 同じレジン液で作ったレジンに試し書き(きちんと書けるか)
  2. ペンで書いた上からレジンでコーティング(ペンがレジン液で溶けないか)

を試してみることをおすすめします。

※油性ペンとUVレジン液の種類によっては、油性ペンがにじむ場合があります。

レジンに文字や数字を発色が良く書けるペン

3.レジンにライナーで文字や数字を描く

アウトライナー
CとE:ゴールド、O:ペールゴールド、左F:リッチゴールド、右F:キングゴールド

輪郭線を描くためのアウトライナーという絵具で文字や数字を描く方法です。

チューブの押し加減で線の太さを調整したり、立体的な線を描いたりすることができます。

きっちりとした線よりハンドメイドらしい手作り感のある文字や数字を描くことができます。

綺麗な線を引くのに少し、練習が必要です。

アウトライナー

4.レジンに文字や数字の箔を貼る

接着剤で文字や数字を書き、その上から箔を押す方法です。

金、銀、銅箔などの箔を押すことによって、文字や数字に高級感がでます。

接着剤で線を引き、箔をつけるという工程ですが、わりと綺麗に仕上がる印象です。

三枝先生

高級感が伝わりにくい、カワイイ作品見本ですいません。

ギルティングペースト(接着剤)とミラーイフェクトリーブス(箔)

まとめ

レジンに文字や数字をいれる方法を4つ紹介しました。

レジンに文字や数字を入れると言っても、色々な方法がありますね!

三枝先生

文字や数字の入れ方、出来上がりの質感も全然違うので、自分にあった方法を見つけてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です