四つ葉のクローバーをレジンに閉じ込めて保存!大切な想い出をカタチに残す

三枝

happy resinの三枝です。

今日は、お客様からご依頼頂いた4つ葉のクローバーをレジン(樹脂)に閉じ込めたプレートの制作事例を紹介します。

お客様がお持ち頂いた四つ葉のクローバーをドライフラワーにし、樹脂に封入しプレートを制作しました。

この記事は

  • 四つ葉のクローバーを綺麗なまま残しておきたい!

という方の参考になるかと思います。

四つ葉のクローバー以外のお花も同様に樹脂に閉じ込めることが可能です。

この記事を書いている私は、レジン専門店happy resinのオーナーです。
製作は、レジン歴10年以上、過去5,000点以上制作してきたレジンアーティストが行っています。

お客様からのご依頼内容

大切な方から頂いた四つ葉のクローバーを綺麗なままずっと持っておきたくて、自分でやって失敗したくないのでプロの方にお任せしたくてご連絡させて頂きました。今は押し花にしている状態です。

大切な方からの四葉のクローバー。

ご依頼主様が4つ葉のクローバーを頂くまでの経緯、色々な想いを受け止めて制作させて頂きました。

四葉のクローバーを樹脂に閉じ込めたプレート

完成した作品がこちらです。

4葉のクローバーを閉じ込め、背景にサーモンピンクの色付けを行いました。

お客様からの感想

四つ葉のクローバーを綺麗なまま保存したくてこちらで樹脂のプレートに入れてもらうことにしました。背景の色も入れてもらえるとのことで、薄めのサーモンピンクをお願いしました。出来上がりが届き、クローバーもとても綺麗な状態で入っており背景の色もとても素敵でした。樹脂でできているためすごく軽いので鞄に入れるなどして持っておくことも出来るのでとても嬉しいです。大切にします。ありがとうございます!

よくある質問

生のクローバーは閉じ込めることができません。
時間が経つと樹脂の中で腐ってしまうからです。
押し花にしたクローバーを使用します。

クローバーは比較的綺麗な色味が残りますが、樹脂の中に閉じ込めた時傷んだ部分が透明になる場合がございます。この傷が原因による透明になる部分は樹脂に封入してはじめてわかります。

予めご了承下さい。

生のクローバー(当店でドライフラワーにする場合)

水分が抜けるように、新聞紙やコピー紙、キッチンペーパーなどを数枚重ね、折り目のついていない平らな部分がクローバーにあたるように挟み、さらに厚紙や段ボール板で挟んで輪ゴムやテープなどで固定するなどして極力曲がらないようにしてお送り頂きたいです。

ドライフラワー(お客様自身でドライフラワーにされている場合)

可能であれば、押し花にしてクローバーが傷つかない曲がらないようにお送りください。

クローバーのお取り扱いが心配な場合は、なるべく早めにお問合せ下さい

水分や油分が多いもの以外は樹脂に閉じ込めることができます。

樹脂は経年変化で黄色くなる性質があります。
黄色くなりにくい加工は施していますが、時間の経過とともに少しセピア色になります。

デザイン決定から約2週間から1か月ほどお時間を頂いております。
樹脂が1層固まるのに2、3日必要で、層を重ねていくとその分時間がかかります。
また点数が多くなるほど、時間を要します。

ご依頼内容にもよりますが、だいたい5,000円~となっております。
サイズや制作内容によって異なります。
制作する前に事前に料金はお伝え致しますので、ご安心下さい。

制作のご依頼、ご質問は、下記よりお気軽にお問い合わせください。