レジン技術指導のお客様がタッチパネルディスプレイが入ったレジンダイニングテーブルを制作したと聞いたので見に行って来ました。

三枝

こんにちは。happy resin 三枝(さえぐさ)です。

「ダイニングテーブル出来ました!」

1年前の4月にレジンの技術指導をさせて頂いたお客様からレジンのダイニングテーブルが完成したと連絡を頂きました。

この方は、レジンのダイニングテーブルを作りたいと当店のレジン技術指導を受けられた方です。

しかも、ただのレジンダイニングテーブルではなく、真ん中にタッチパネルディスプレイを埋め込みたい!脚もアイアンを溶接して自分で作る!という明確に作りたい作品のイメージを持たれていました。

それが出来た!と聞いたので、居ても立っても居られず、車を走らせ見に行ってきました!

タッチパネルディスプレイが真ん中に埋め込まれたレジンダイニングテーブル

実物は圧巻の一言。

ディスプレイは非常に綺麗で大画面。

インターネットや動画などを見れるので、会社での会議、商談などの打ち合わせ、展示会などのプレゼン、市役所などの役所の受付、カードゲームなど、ちょっと考えただけで夢が広がり、ワクワクしました。

お客様がディスプレイを触っている様子は物凄く仕事できる感が漂っていました。

対する私のタッチパネルを触っているところは、初めてインターネットを操作する挙動不審な人のようでした。

タッチパネルは感度良好でした。

たまたまお客様が撮影した私のタッチパネルの操作っぷりをご覧ください。

コンセプトは水と植物

レジンの中に植物が閉じ込められています。

厚みがあり、下まで透けて見えるので、まるで水に浮かんでいるような感覚になります。

手を伸ばせば、植物はつかめそうな、そんな不思議な感じがしました。

アイアン脚も手作り

もともとお客様は鉄工所の職歴があるみたいなのですが、それにしても脚が手作りなのは凄い。

改めて見ると、レジンテーブルとアイアン脚が凄く良い感じです。

レジン談義に花が咲きました

こちらがお客様です。

お伺いしてから3時間。

尽きることのないレジン談義と上がりっぱなしのテンションにとても楽しい時間でした。

始めてお伺いしましたが、お客様は、物流会社の社長をされていました。

とても気さくな方です。

今日のことを動画にしてみました↓↓ 
さえぐさなつこ作

タッチパネルディスプレイが入ったレジンダイニングテーブルに興味のある方!

タッチパネルディスプレイが入ったレジンダイニングテーブルはお客様の会社で受注をされているみたいです。

興味がある方はご連絡してみてください。

エースジャパン株式会社
京都府相楽郡精華町山田金堀16番地2
TEL0774-46-8987
担当 判藤(はんどう)社長

エースジャパン株式会社 ホームページ

レジンをもっと綺麗につくりたい!そんな時は?

お客様のようにレジンをきれいに作りたい!

  • UVレジン、エポキシ樹脂の作品をもっときれいに作りたい
  • こんな作品を作るためのアドバイスが欲しい
  • 〇〇を樹脂封入するためのアドバイスが欲しい
  • 効率的にレジンを作るためのアドバイスが欲しい
  • 独学で色々レジン作品を作って来たけど、きちんと習いたい
  • 販売を始めたいからきちんとした技術を習いたい

そのための技術を習いたい!という方、happy resin ではレジン制作の技術指導を行っております。