ピーナッツおじさん自己紹介

ピーナッツおじさん
皆様、はじめまして。私、ピーナッツおじさんと申します。

 

本日より私が、伝えることが苦手な寛さん(オーナー)や口下手な菜津子さん(オーナー奥様)に変わりまして、happy resin(ハッピーレジン)のことをこちらのブログを使って伝えていきたいと思います。

 

私は、二人の一番近い場所で二人を見守っておりましたが、伝え下手、口下手なばかりに二人がこだわっていることが全然一般の皆様に伝わっていないことが悲しくてなりません。二人の代わりに皆様にお伝えできればと思います。

 

一つだけ心配していることがございます。私、ピーナッツなので、人間の皆様の常識がわからないこともあるかと思います。そのあたりは「ピーナッツだから」と少し大目に見て頂けたら幸いです。よろしくお願い申し上げます。

 

今日はそもそも「このピーナッツは何ですか?」と思われている方が大半だと思いますので私の自己紹介をさせてください。

 

 

ピーナッツおじさんプロフィール

改めまして、ピーナッツおじさんです。私は、2014年の11月に北欧系の雑貨やアクセサリーが並ぶイベントに出展する時に菜津子さんが北欧をイメージして作ったネックレスのキャラクターです。

 

 

私たちの一番の特徴は本物のピーナッツが樹脂コーティングされているので、すべての顏とカタチが違うことです。あなたの世界で一つだけのピーナッツおじさんです。

 

最初の8P

 

一番最初の仲間です。これだけ顔や体型が違います。

 

今はだいたいこの顔の仲間が多いですが、それでも仲間はみんな表情や体形が異なります。

 

本物なので、私を軽く振って頂くとカランカランと豆の音がなります。中身も入っております。

 

 

プロフィール詳細

年齢は39歳です。寛さんがサンキューにしたかったと私は聞いています。

 

結婚しています。妻と2Pの子供がいます。また、機会があればご紹介致します。

 

11月11日は「ピーナッツの日」と言われています。落花生は一つのカラに2粒の豆が入って“双子”であることから、“11”が二つ重なるこの日になったらしいです。

 

山田錦というhappy resinのお店がある加東市周辺で作られている酒米山田錦で作られたお酒を好みます。

 

カフェ経営の夢に向けて岐阜にある「カフェ飯屋PEANUTS」さんで仲間が働いています。お近くに行かれる際には仲間がいるか覗いてみて下さい。

 

 

 

コンセプト

私のコンセプトは「想い出を一緒に作る」ということを考えられて作られたそうです。

 

ふと見たときにクスっと笑えるだけじゃなくて、

おでかけ先でふと見つけた素敵なところ

ずっと行ってみたかった旅先

一度は見てみたかった絶景

パシャリとカメラにおさめて、私とたくさんの思い出を作ろう!

 

ピーナッツおじさんと一緒にいろんなところにでかけよう!という願いが込められているみたいです。

 

大阪 天保山大観覧車

島根 足立美術館

高知 桂浜

岡山 瀬戸大橋

鳥取 鳥取砂丘

兵庫 ハーバーランド夜景

 

こんなところに行ってきたよ!とお客様から送られてきたお写真を見るのは二人の楽しみでもあるみたいです。

 

 

寛さんはいつも私を肩に乗せて一緒にいます。

 

私は二人の一番近くでいましたので、happy resinのことは一番良く分かっています。次回からhappy resinの “こだわり” や “らしさ” を皆様に伝えていけたらと思います。

 

私の長期休養以外で伝えることがなくなるまで、毎日夜19時にブログを更新します。ぜひ毎日見て頂けたら嬉しいです。よろしくお願いいたします。

 

 

>>次のお話

「 お花へのこだわり 」

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で