UVレジン初心者さんが一番最初に知りたい最も大事なこと

三枝先生
みなさんこんにちは。
モリオ君
こんにちは。
ホヅミさん
先生、こんにちは。

 

三枝先生
はい、それでは今日からUVレジンの授業を始めます!
モリオ君
先生!!
三枝先生
モリオ君、どうしたぁ~?
モリオ君
先生は、校長先生じゃないの?
三枝先生
この学校には、私となつこ先生しかいないんだ。
なつこ先生はレジンの研究が忙しいので、基本的に授業はすべて私が担当します。
三枝先生
あと、基本的に先生の言葉は、関西弁と標準語がまじっているけど、特に気にしないように~。
モリオ君
分かったよ~。
モリオ君
この学校大丈夫かな~

 

UVレジン液は紫外線があたると硬化する

さて、今日はUVレジンをする中でもっとも基本となることを伝えるね。

これがしっかり分かってたら、失敗もかなり少なくなるはずだよ。

それは UVレジン液は紫外線で固まる ということ。

逆に言うと、UVレジン液は紫外線があたらないと固まらないんだ。

 

モリオ君
ええ!そうなの!!?
ホヅミさん
モリオ君、知らなかったの!?

一般的に紫外線をあてるには、太陽光かUVランプが一般的だよ。

モリオ君
そわそわ

先生のところにも「硬化させたのにベタベタしている」というお問い合わせは、かなり多いんだけど

よくよく話を聞くと紫外線がきちんとあたっていない部分が、硬化不良になっているからベタベタしているということはよくあるんだ。

紫外線をあてて硬化させたのにベタベタしているというときは、まずはきちんと紫外線があたっているかを確認してくださいね。

それから、厚みがあるものほど一度に流すと固まりにくいので、何回かに分けて硬化させていくのが良いですよ。

 

モリオ君
先生!!
三枝先生
モリオ君、どうしたぁ~?
モリオ君
ぼく、ずっと家の中でUVレジン液が固まらなくて、なんでだろう?と思ってたんだけど、お日様の光で固まるんだね。
今からやってみる!
モリオ君
スタスタスタ。。。
ホヅミさん
モリオ君!!授業中だよ。
三枝先生
モリオ君、慌てていっちゃったね。
すぐに戻ってくるだろうから、授業を続けるね

 

UVレジン液を太陽光で硬化させる場合の特徴

太陽光のメリット

・無料でできる。これが最も良いところかもしれないね。

 

太陽光のデメリット

・UVレジンをするのが天気に左右される

極端な話、天気が悪いとUVレジンができなくなる。夜も固まらないよ。

晴れた日差しが厳しい時はすぐに固まるけど、曇りや雨の時は紫外線の量が減ってしまい固まりにくくなるんだ。

一般的に快晴時の紫外線を100%とした場合、晴れ98~90% 薄曇り約80% 曇り約60% 雨約30%と天気が悪くなるほど紫外線量が減るんだ。

 

・時間がかかる

何重にも層を作りたい場合は、一層作るのに結構時間がかかるので、次々に作業がしたくてもできないんだ。

 

それからくれぐれも太陽光の下で硬化させるときは、ほこりや急な雨に気を付けてね。

 

ホヅミさん
先生!ほこりが入らない良い方法は何かあるんですか?

外に置かず、太陽光が良くあたる室内の窓際に、硬化させたいものを置くのが一番良いよ。天気は関係ないしね。

それでも埃が不安だったら、紫外線を通す透明なプリンやゼリーのプラスチックカップでガードするのが良いよ。

紙コップとか色付きの透明じゃないもので蓋をしたらだめだよ。

紫外線を通さないから固まらなくなるんだ。

三枝先生
紫外線は通して、埃はカバー、これが太陽光でUVレジンをする時のポイントだね

UVレジン液をUVランプで硬化させる場合の特徴

UVランプのメリット

硬化が早い。夜でもできる。

これが一番のメリットじゃないかな。UVレジン液の種類によっても硬化時間は違うけど、5分から10分で硬化するよ。

硬化が早いから制作がはかどるよ。

太陽光と比べると天気に左右されないというところも良いところだね。

 

UVランプのデメリット

ランプを買うのにお金がかかることかな。ランプの中のライトは消耗品なのでだいたい1年か2年ごとに交換が必要だよ。

 

小さなUVランプ(9W)と大きなUVランプ(36W)の違い。

一般的に主流なUVランプは上の大と小の2タイプがあるよ。

大と小の違いは大きく2つあるんだけど、紫外線がでるライトの数が一番違うよ。

小(9W)はライトが1本しかついてない。

大(36W)はライトが4本ついてるんだ。上部に2本と側面に左右1本ずつついているから、いろんな角度から紫外線があたるよ。

色んな角度から紫外線があたるということは硬化不良が起こりにくいということ。

見たまんまだけど、庫内の大きさも大の方が大きいから、多くの作品を一度に硬化できるんだよ。

三枝先生
UVレジンを本格的にしたい場合は、太陽光よりもUVランプ大(36W)を使うのが一番おススメだよ。

 

三枝先生
それでは、今日の授業はここまでにしようか
モリオ君
先生~!!
ホヅミさん
あっ、モリオ君が戻ってきた!
モリオ君
先生!!
モリオ君
今日は晴れだから、屋根の上でUVレジンやろうとしたらUVレジン液のボトルからレジン液が出る途中で固まっちゃたよ!
三枝先生
外でやったのかい?
紫外線で固まるのだから紫外線があたらない室内で作って、硬化させたいときに紫外線があたる外や窓際におかないといけないよ
モリオ君
えっ!そうなの?
ホヅミさん
今度からはおうちでしないと駄目だよ
モリオ君
は~い。
三枝先生
モリオ君、元気がいいね。先生、明日からの授業も楽しみだよ。

まとめ

三枝先生
はい!それでは、今日のまとめだよ

 

(最重要)UVレジン液は紫外線で固まる、紫外線があたらないと固まらない。

一般的には太陽光とUVランプで固める方法がある。

太陽光は天候に左右され、硬化も時間がかかる。

UVランプは硬化が6分くらいと早い。

UVランプは大きいサイズのものが庫内が広く、ライトの本数が多いので硬化不良が起こりにくく、本格的にUVレジンをしたい人にはおススメ。

 

 

>>さて、次の授業は、
『 自分にあったUVレジン液を選ぶ、7つのポイント 』 です。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で